2013年07月07日

7月7日。七夕。星に願いごとをする習慣。

本日、7月7日は七夕ということで、
星の願いをと思いつつ、夜空を見上げたところ
かなり曇りがかった様子で、抜群の天気とまでは、いきませんが、
例年の悪天候考えると
(何故か、毎年、七夕の日は天気が悪い)
今年の横浜地方は、まずまずの天気といえそうです。

本日、夜空を見上げながら、ふと思ったのですが、
何故、七夕には願い事をする習慣があったのか?と
この年齢になって、初めて疑問に思いface07
先程、googleで七夕について少し調べてみました。


top_01googleのtopページも七夕にface02

七夕について、
その起源には、やはり数多くの説があるようですが
日本の神事であった「棚機(たなばた)」と
そして、おりひめとひこぼしの伝説。
更には、奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」という
行事があわさったものと一般的には言われているそうです。

「棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、
乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎え
秋の豊作を祈ったり、人々のけがれをはらうというものでした。

当事、選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、
川などの清い水辺にある機屋(はたや)に篭り、
神様のために心をこめて着物を織ったそうです。
その際に使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機。

その後、仏教伝来に伴い、この行事がお盆を迎える準備として
7月7日の夜に行われるようになりました。
現在七夕という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのも、
ここから来ていると言われています。

おりひめとひこぼしの伝説は、皆さんも良くご存知の通りで。

琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、
鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事を
つかさどる星と考えられていました。
この二つの星が、旧暦の7月7日に天の川をはさんで
最も光り輝いているように見えることから、
この話の誕生は中国でだそうですface08
この日を一年一度のめぐりあいの日と考え、素敵な七夕ストーリーが生まれたようです。

そして、七夕の日に、星に願いをする習慣になったのは、
「乞巧奠(きこうでん)」という、中国の行事で
7月7日に織女星にあやかり、はた織りや裁縫が上達するようにと
お祈りをする風習から生まれたものだそうです。
庭先の祭壇に針などをそなえて、星に祈りを捧げます。
やがて、それが、はた織りだけでなく芸事や書道などの上達も願うようになり、
そして現在に至ったようです。

会社の業績が、今後、飛躍的に上向きますようにface02
日本の国を、根幹から修正する、本当の政治が一日でも早く行われますようにface06
そして未来永劫、全ての人が平和で幸せだと感じられる日々が送れますようにface05

星に願いごとをと。心の短冊に、そっとこれらを記したSでした。

横浜市 ポスティング
横浜市のお葬式・葬儀・横浜市民葬祭
SEO効果NO.1・ネットチラシ
地域戦略に最適!Google・MEO!
格安 横浜市 車検代行サービス
水の宅配・横浜・レンタル無料の次世代ウォーターサーバー
名刺印刷 横浜 格安
電子名刺!ペーパーレス時代の新しい名刺作成
フューチャープランニンググループ
地域ホームページ二俣川
経費削減コンサルティング   
地域ナビタウン横浜市旭区
横浜市・求人・旭区
横浜市 ポスティング・広告配布スタッフ募集




Posted by フューチャープランニング at 22:23│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。